メラニンを少しづつ減らします。
できてしまった肝斑に有効!

こんな症状に
  • 肝斑、顔の色むらがきになる
  • 毛穴が気になる

レーザートーニング(肝斑治療)

肝斑(かんぱん)は一般的に30〜40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。一般的には、頬の一番高い部分やその周辺にできます。原因は明らかになってないですが、女性ホルモンが関与していると言われています。
その他にも、洗顔などで肌をこすりすぎることによる物理的な刺激、毛細血管拡張などの原因が考えられます。

レーザートーニングは肝斑にとても有効なレーザー治療です。 広範囲に非常に弱いパワーでレーザーを当て、メラノサイトに余計な刺激を与える事なく、メラノソーム内に蓄積したメラニンを少しづつ減らしていきます。

またレーザートーニングの波長1064nmは皮膚への深達度が高く、メラニンが蓄積されてる深い層まで効果的にレーザーエネルギーを届けることができるのもポイントです。

レーザートーニングと同時に肝斑治療の内服薬(保険診療)やケミカルピーリングイオン導入、ハイドロキノンなどの美白剤と併用していただけるとより効果が実感していただけます。

治療の流れ

治療時間
目安 30分(診療時間は含みません)
施術中
症状の気になる部分にレーザーをあてていきます。痛みはありません。
回数の目安
1~2週ごとに5~10回の施術がおすすめです。
肝斑の色は3~4回目終了後から薄くなっているのを感じる方が多いです。
ダウンタイム
ダウンタイムは基本的にございませんので、お化粧をして帰っていただけます。赤みがでる方もいらっしゃいますが、数時間で治ります。

※ 施術前はお化粧を落とし、お顔の汚れや皮脂を取り除いていただきますので来院時はメイクをしたままでも大丈夫です。
※ とても稀ですが、人によってかえって肝斑が濃くなることもございます。
※ 日焼け止めを用いて、紫外線対策を必ず行ってください。

料金について

※税込価格

¥22,000
頬と鼻¥14,300
顔+イオン導入¥24,200
顔5回セット¥99,000
各種クレジットカードが利用できます
一括払い・11,000円以上の場合のみご利用可能です。詳細はこちら