とびひになってしまったら、家庭でのケアのポイント

夏も終盤ですが、湿度の高い暑い日が続いていますね。 今日は、夏に多いとびひのケアの仕方についてお話したいと思います。
とびひは、正式には「伝染性膿痂疹」と呼ばれ、皮膚に常在する黄色ブドウ球菌や連鎖球菌によって発症する皮膚の感染症です。虫刺されやあせもをかきむしることで皮膚に傷ができ、そこに細菌が入り込んで発症します。 接触で他の部位にもあっという間に広がり、ひとにもうつしてしまうので、とびひかな?と思ったら早めに皮膚科で診断を受け、きちんと治療することが大切です。

とびひと診断されたら、主に抗生物質の塗り薬や内服薬で治療します。 ご家庭では次のようなポイントに注意してケアを行ってください。
☆患部をよく洗いましょう 石鹸を泡立ててやさしくなでるように洗いシャワーでよく洗い流します。 細菌を洗い流し皮膚を清潔に保つことが早く治すためにとても大切です。じゅくじゅくしている間は湯舟には入らないようにします。
☆人にうつさないようにしましょう 家庭内で兄弟などへうつさないために、お風呂に一緒に入ることはひかえ、タオルや衣服の共用もしないようにしてください。
☆患部を覆いましょう 水疱やじゅくじゅくした面には細菌が入っているので、ガーゼなどで覆い周囲に触れないようにすることが大切です。こうすることで登園や登校は可能になります。(園や学校のルールに従ってください) 患部が完全に乾いてかさぶたになるまでプールには入れません。

とびひの予防には、普段から爪を短く切ってかき壊しを防ぐ、などの日常的なケアも大切です。 とくに皮膚のバリアの弱い乳幼児やアトピー性皮膚炎の方は悪化しやすいので早めの受診をおすすめします。

小児皮膚科 https://m-skincare.com/clinic/pedia